実写映画

実写3D映画

3D映画と言えば、アニメ映画だけでなく実写映画でも増えてきています。
最近では、実写をベースとしてCGを活用し、3Dで表現するというのが主流となっています。
CGかと思えば実写だったり実写だと思った部分がCGだったりと、クオリティは相当
上がっているのが、最新の3D実写映画です。

3Dになると、奥行きをよりはっきり表現することが出来るため、
今までよりも美術的な表現がし易くなります。
それもあってか、最近の3D映画には芸術作品とも言えるような描写のものが
数多く存在します。
これからの3D実写映画の発展も、3Dアニメ映画と同じく、とても楽しみです。


注目の3D実写映画

それでは、具体的にどんな3D実写映画がお勧めなのか、主な作品をリストアップしてみましょう。

・アバター
・アリス・イン・ワンダーランド
・ガリバー旅行記 (2010年の映画)
・グリーン・ホーネット
・センター・オブ・ジ・アース
・タイタンの戦い (2010年の映画)
・トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン
・トロン: レガシー
・ナルニア国物語/第3章: アスラン王と魔法の島
・バイオハザードIV アフターライフ
・パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉
・プリースト
・ボルト